ウィッグにクシを使う時の注意点

アイロン使用可能の耐熱ウィッグが便利

アイロン使用可能の耐熱ウィッグが便利 ウィッグはファッションアイテムの一つでもあり、いろいろなメイクやネイルを楽しむように、その日のファッションに合わせて選ぶ楽しみがあります。
ロングヘアーの人がショートヘアに挑戦してみたいという時にも、ウィッグがあればせっかく伸ばした髪の毛をカットすることもなく、またショートヘアの人が超ロングヘアを体験してみたいという時にも、被るだけという手軽さがあります。
カラフルな色でアクセントとなるようなウィッグもありますが、自分の髪の毛に見えるような自然な色のものもあります。
本当の自分の髪の毛は金髪に染めているという人になると、仕事に行くときにはそのままというわけにはいかないという職場もあります。
しかし、自然に見せることができるウィッグがあれば役立ちます。
けれども、いつまでも髪の毛が伸びずに毎日全く同じ髪型となると違和感を持たれてしまうことになります。
ですが、耐熱性のある素材で作られている商品であれば、ヘアアイロンで髪の毛に変化をつけてヘアアレンジを楽しむことができます。

ウィッグで頭が蒸れる際の対処法

ウィッグで頭が蒸れる際の対処法 今はおしゃれでウィッグを使用する時代になりましたね。
髪型を変えイメージを変えるのもファッション性があり素敵です。
ですが夏場はもちろん、暖房による熱で頭部が蒸れることも少なくありません。
蒸れに対してどうアプローチすれば良いか悩んでる方も多いはずです。
たとえば汗取りパッドや、薄手の下着の形をカットしウィッグとの間にいれて、汗自体を吸収することで蒸れることを防ぐことができます。
制汗スプレーを、首や生え際などに軽く振りかけておくのもいいです。
パウダー配合のものであれば汗が垂れることを防いでくれます。
頭そのものではありませんが、首の後ろを冷やすことで頭部自体の熱を落ち着かせる効果もあります。
往来ではずして頭を拭くわけにはいきませんので、変わりに首を冷やしてみるのは手軽にできます。
ウィッグ自体も熱や、汗がつくことで劣化してしまいます。
蒸れを防ぐことで、長く使用することが可能になりますのでおすすめです。

新着情報

◎2017/11/27

耐熱ウィッグが便利
の情報を更新しました。

◎2017/9/29

クシを使う時の注意点
の情報を更新しました。

◎2017/7/31

エクステ専門店のウィッグ
の情報を更新しました。

◎2017/5/26

専門店のカチューシャウィッグ
の情報を更新しました。

「ウィッグ 耐熱」
に関連するツイート
Twitter

あとじゅうぞうのウィッグ作んなきゃね〜白ウィッグ耐熱だったけどいけっかな(◜ᴗ◝ )

くるくるウィッグ耐熱が最新の時代だよ天国はくるくるウィッグ耐熱だったわ

チャイナから輸入した耐熱ウィッグとグラスアイ pic.twitter.com/FJfCgmtJLL

Twitterレシエ/デレ6th名古屋1日目@re_cie

返信 リツイート 昨日 22:57

ウィッグ耐熱ファイバーはアクリル製ですから静電気を帯びやすいし傷もつきやすいです。 ですからダメージケアに主眼を置いたシャンプーの利用やリンス、柔軟剤の使用をお勧めです。 リンスに含まれているシリコンやテフロンの塗布しましたが効果小でした。フッ素は課題。 #sexdoll #制服 #JK pic.twitter.com/cg6l4RvgYI

Twitter雷音(らいおん)@lion__jpn

返信 リツイート 昨日 22:09

ショートボブの耐熱ウィッグ買います 量産オタしたい

【コス注意】初めてピューロランド行って来たよ(*´◒`*)想像以上に楽しめました!コスは懐かしのとらドラ!のコミック特典衣装!念願! 信じられるか…このウイッグ10年前のなんだぜ…!非耐熱、メイプル… pic.twitter.com/9W3HjwOMxO

ウィッグ調達したんけど、わい超未熟児だから店員さんによさげなのだしてもらったんですよ。 それで耐熱ってゆわれたから、加工したら、耐熱じゃなかったの!!!! でもギリセぐらいに収まったから、宅コス用にお蔵入りかな…( ;꒳; )

返信先:@ororo_amz ウィッグ耐熱ならドライヤーでも乾かせる!が、安いのなら耐熱じゃない可能性もある🤔 今年のハロウィンはもう間に合わんすが、ウィッグ貸すよ~ヽ(o・∀・)ノ

Twitter南東みかん@amz武道館@m1cas0

返信 リツイート 昨日 20:07

ツインテールが内側に巻いてるのストレートにしようとヘアアイロン当てたらちょっと溶けた。。。これ耐熱ウィッグじゃ無いんだ。。。

コスプレウィッグ、ゼファーが出てくる前は舞台用品のしかなくて、色展開は10色も無くて原色多めの派手派手で、値段は1万5千円くらいだったという話は語り継いでいきたい。もちろん非耐熱